Sif
Top –


詳しく
高校2年の時に友人に誘われLoLをはじめました。それまでサッカー一筋だった人生が大きく変わった瞬間でした。サッカーとLoLは一見別のジャンルに見えますが、共通点は以外と多くあります。それもあり、サッカーに打ち込んでいた頃と同じくらいLoLに夢中になりました。
初めて競技シーンを見たとき、驚きとともに自分もこの場所に立ちたいという気持ちが湧き上がり、プロゲーマーを目指す決意をしました。そんな中、Hokuto Esportsの存在を知り、共感するものがあり、日本でもLoLを海外のように盛り上げたいと思い加入いたしました。
加入するにあたって、当時の仕事を辞めることになりました。
一度決心したものの、自分にとって居心地の良い職場であったため、退職してプロゲーマーになることをとても悩みました。しかし、会社の先輩に言われた「一度限りの人生を悔いなく生きろ」という一言が私の決断を後押ししてくれました。
日本でe-Sportsを盛り上げ、応援してくださる皆様の期待に応えられるよう全力で頑張ります。
合野史哉


Roy
Jungle –


詳しく
私はHokutoに応募する前は約4か月程Diamond5で難航していたのですが、Hokutoの募集を見て”高い目標”と”日本人だけで勝つという方針”に心を動かされました。しかし今のままではHokutoに入れないと思いランクに対する姿勢を変えました。
”Hokutoに入ってみせる”という強い意志を持ち、毎試合後に自分のリプレイを見て反省点を探し出しては修正を繰り返しました。その結果約2週間でチャレンジャーティーアーに到達し、その努力とHokutoに対する熱意をかわれHokutoに加入することになりました。
私は学生時代にずっと野球をしており、その経験で培ったチームプレイに対する理解や
厳しい練習にも耐え抜く精神を駆使して、皆様が驚くくらいの成長速度をお見せします。
今のLJLは韓国人選手が活躍していますが、これから猛練習し、日本人jglとして活躍できる姿をお見せできるよう努力いたしますので応援よろしくお願いいたします。
吉川遼


Ibuki
Mid –


詳しく
私は高校時代からLeague of Legendsをプレイしており、当時から将来ゲームに関わる職に就きたいと考えていました。私がプロゲーマーを強く意識し始めたのは、実際にLJLの会場に行き、その大会に出場されていたプロゲーマーたちを実際に目にしたのがきっかけです。その頃のLJLは観客も50人前後と、現在と違い比較的小規模なものでした。それが今ではe-Sportsとして日本でも知名度を上げてきてとても嬉しいです。
しかし、世界を見ればまだまだ日本のe-Sportsは発展途上です。そんな中、Hokuto Esportsの存在や意向を知り、共感した私は、共に日本のe-Sportsの知名度を上げ、その名を世界まで轟かせたいと思い加入いたしました。加入するにあたって私は当時やっていた仕事を辞め、地元三重を離れて上京しました。当時の上司にはプロゲーマーの道を反対され、色々なことに親身になって相談に乗ってくれた上司だからこそ反対を押し切って辞めるのは辛く、とても悩みましたが最終的には家族の後押しのおかげで決断することが出来ました。
日本のe-Sports界を盛り上げるために、そして私を支えてくれる家族や友人、応援してくださる皆様の期待に応えられるよう全力を尽くします。
名古衣蕗



Jagger
Support –


詳しく
1996年11月19日生まれのB型です。(あのFakerと同じ代です!)
性格は楽観的で極力物事を楽しく捉えるにしていますが、負けず嫌いな面も持っており、ゲームでは常に勝つ事を考えています。
LoLのプレイスキルはまだまだ練習が必要ですが、戦略を立てることに自信があり、ショットコーラーとしてチームを勝利に導きます。最近のチームは外国人選手を加入させ、個々の能力に重点を置いています。もちろん個人の実力は勝つために必要不可欠ですが、選手の入れ替わりが多い分チームワークが疎かになります。Hokutoはチーム内のコミュニケーションを第一に考えており、選手を一から育成し、プレイヤースキルを上げる事に加え、チーム連携に力を入れています。
プロを目指すと決意した時、他のチームではなくHokutoを選んだ大きな理由はチームの方針に掲げる”選手の育成”と”Worldsを目指す”に惹かれたからです。新しいチームができる際、「LJL出場」や「LJL優勝」という目標をたてることが多いですが、HokutoはWCSでTop8に入るという他には稀にない高い目標を掲げています。メンバー全員がそのゴールを意識して活動しており、このチームであればただの”夢”で終わるのでなく、実現ができると信じています。
清水健太